薬剤師転職 > 薬剤師転職~これからの薬剤師に必要なものとは~

薬剤師転職~これからの薬剤師に必要なものとは~

調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容は、処方箋の監査で医師の処方箋が本当にあっているのか、もし間違っていたらそれを正しいもの、もしくは代替の薬品を医師に提案して処方箋を治してもらうこと。そしてその処方箋を正しく正確に調剤するといったことが挙げられます。

また、病院の薬剤師の場合は入院しているあいだの薬の管理及び点滴や高カロリー輸液の調整などを行います。その他ドラッグストアの薬剤師の場合には、調剤業務に加えて一般用医薬品つまりはOTC医薬品の販売、情報提供等があります。

その他に学校薬剤師という仕事もあります。学校薬剤師の業務は、プールの塩素濃度が基準に達しているか、学校の照明が基準の明るさになっているか、黒板の色が基準に達しているか、これらを確認するのも学校薬剤師の業務です。

現状の薬剤師はこれらの仕事をこなしていますが、これからの薬剤師はより知識が必要になると思われます。なぜなら国の税金でまかわれている医療費がこれからどんどんと大きくなって税金ではまかないきれなくなってしまう可能性がとても高くなるからです。

なのでこれらを抑えるために薬剤師は未病の段階で病気にならなくする他、なるべく病院にかからないようにするためにセルフメディケーションを進めていかなければなりません。(セルフメディケーションとは、自分の病気は自分で治すという意味です。)

ドラッグストアや薬局で薬剤師に相談して本当に病院に行かなければならないのかどうか、一般用医薬品で治療することが可能なのかを判断してなるべく病気にかからないようにすることが望まれています。これにより医薬費の削減に貢献することも薬剤師の重要な業務になってくると考えられます。

その他、今後ますます高齢社会になっていくことが予想されるので、在宅医療においても薬剤師の活躍が期待されています。在宅医療においての薬剤師の役割は輸液の調整や患者宅においての薬の管理だけでなく、医師や看護師にはわからない薬の副作用の発現を確認することが必要になります。

これらのことから今後薬剤師は調剤のみではなくコミュニケーション力や今よりもより多くの知識が必要になり、薬剤師の地位はこれからより高くなっていくと考えられます。

薬剤師の主な業務内容

薬剤師とは法律によって定められている厚生労働省が管轄する国家資格です。薬剤師になるためには薬剤師国家試験に合格しなければいけません。薬剤師といえば街角の薬局や病院などで調剤をしているというイメージを思い浮かべることが多いかと思いますが、薬剤師の職場は多岐にわたります。

大きく分けると、

製薬会社
薬局・薬店
病院薬局
薬事・保健行政分野

などがあります。

では、薬剤師とはどんな職業なのか簡単に説明したいと思います。 私たちは病気になった時や体調が悪い時には様々な医薬品の力を借りています。その医薬品と言うのは、製薬会社で作られ、病院や薬局を通して私達消費者の手に届くまでの全ての過程で、薬剤師が専門的な立場から関与しているのです。

・製薬会社における薬剤師の業務
大きく2つのタイプに分類することが出来ます。 まず1つめの業務は、薬を作ることです。既存の薬の改良や新薬の研究をします。 この中には化粧品や農薬の分野の開発や研究も含まれています。 2つめの業務は作った薬を診療所の医師等が適切に使用するために指導することです。

・薬局・薬店における薬剤師の業務
処方箋による調剤が薬剤師のおもな業務となります。 また、処方箋が不要な一般薬のみを販売する店でも薬剤師を配置することが義務付けられています。

・病院薬局における薬剤師の業務
医師の処方箋によって調剤を行い、病院の窓口から手渡す業務です。 この調剤作業の他にも製薬作業を行うこともあります。 製薬作業とは、調剤とは別に病院独自の処方薬の研究などをすることですが、この製薬作業は大きな病院にしかありません。

・薬事・保健行政分野における薬剤師の業務
水質調査や伝染病、食中毒の予防などを行う業務です。 厚生労働省で行政事務を行う等、薬とは間接的に関わる薬剤師もいます。

薬剤師の収入は高いというイメージがありますが、実態はどれ位なのでしょうか。 薬店・薬局勤務の薬剤師で400-700万円、病院勤務の薬剤師で300-600万円、製薬会社の薬剤師で500-1000万円ほどになるようです。年収は平均的な会社員よりは少々高めになるといえます。"